本文へスキップ

いろどり法律事務所は借金問題の解決(自己破産・債務整理・過払金)に強い京都の弁護士事務所です。

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

解決事例(京都地裁での申立を中心に)

自己破産無料法律相談

自宅不動産を所有していたが同時廃止手続が認められた事案

無料電話相談
自己破産手続の場合、申立時に自宅を所有している場合には、原則として管財人が自宅を売却して、現金化するなどして処理するという流れになります。そのため、京都地裁でも、多くの事案で弁護士費用とは別に管財費用(約20万円)が必要となります。

 しかし、住宅ローンを利用して不動産を購入しており、住宅ローンの債権者がその不動産に抵当権をつけている場合(担保にしている場合)であって、自宅の価値よりもローン残高が明らかに高い場合には、不動産の処理は担保権者による競売に任せておけばよいといえます。

 京都地裁でも、そういった特殊な事案の場合には、管財手続でなく同時廃止手続で処理してもらえることがあります。

 同時廃止手続で処理できるのであれば、自己破産にかかる費用はぐんと安くなります。

 この点に関する詳しいご相談は、ぜひ、当事務所の無料法律相談でお問い合わせください。詳しくご説明させていただきます。




 


バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区七観音637
インターワンプレイス烏丸6F

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331