本文へスキップ

いろどり法律事務所は借金問題の解決(自己破産・債務整理・過払金)に強い京都の弁護士事務所です。

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

解決事例(京都地裁での申立を中心に)

自己破産無料法律相談

過剰な浪費があったが全ての負債について免責が認められた事例

無料電話相談自己破産において、「浪費による借金の増額」は免責不許可自由とされています。  

ただ、京都地裁の自己破産の運用では、少しでも浪費があればただちに免責が不許可になるわけではありません。  

浪費の程度や浪費に至る事情などを考慮して、裁判所の判断で例外的に免責が認められることがあります。  

当事務所で京都地裁に申し立てた事案でも、「精神疾患の病態として買い物依存に陥っており、ハイブランドとは言えないものの、比較的効果なブランドの衣料品を過剰に購入したり、比較的高額なエステなどのサービスの提供を受けていた。」というものがありました。  

この事案では、分配にまわすことのできる財産はほとんどなく、本来であれば管財手続とする必要はありませんでしたが、京都地裁は「免責の可否を調査しなければならない。」との理由で管財手続にすることを決めました。

管財手続となったのは残念でしたが、結果的に、すべての借金について免責許可決定を勝ち取ることができました。  

つまり、きちんと手続きを進めれば、浪費などを理由とする借金の増加でも自己破産できる場合があるということです。

ホームページなどで簡単に手に入る情報をみてあきらめてしまわず、ぜひ、一度当事務所の無料法律相談をご利用ください。

無料メール相談


 


バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区七観音637
インターワンプレイス烏丸6F

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331