本文へスキップ

いろどり法律事務所は借金問題の解決(自己破産・債務整理・過払金)に強い京都の弁護士事務所です。

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

自己破産に関する情報ページNEWS&FAQ

自己破産無料法律相談

Q&Aのコーナー

ここでは自己破産の手続きに関するメリット・デメリットをはじめ、よく質問される事項に関するQ&Aを紹介しております。なお、このページでの情報は、平成28年現在の京都地方裁判所での運用を前提としております。

1 自己破産の効果について(京都地裁を含め多くの裁判所で共通)

Q 自己破産がうまくいくと、どのような状態になりますか?

A 法律的には債務(借金)が消えてしまうわけではありません。しかし、裁判所が免責許可決定を下すと、ほとんどの債権者は、債務者(借り手)に対して弁済を求めることができない状態(免責)になります。


Q 
自己破産をしても請求される負債はあるのですか?

A 税金の滞納などは引き続き請求されます。 また、借金が増えた事情に重大な問題がある場合には、その借金について免責が認められない場合があります。


Q 
自己破産をすると、自分の財産はすべて失うのですか?

A 例えば、一般的な家財道具などは保有したままでいることができます。また、99万円以下の財産であれば残すことができる場合があります。車を残すことができる場合もあります。
 どのような財産を残せるかについて詳しく知りたい方は、無料法律相談をご利用ください。

無料電話相談

2 自己破産のデメリット(京都地裁を含め多くの裁判所で共通)

Q 自己破産をすることのデメリットは何がありますか?    

A 自己破産にはいくつかのデメリットがあります。  
 生活に影響が大きいデメリットとしては次のようなものがあげられます。
@ 財産の処分
  マイホームや自動車などを含め、価値のある財産を手放さなくてはなりません。
A 信用情報への記載
  金融機関の信用情報(いわゆるブラックリスト)に載ることで、7年以上の間、新規に借金ができず、借り入れやクレジットカードが作れなくなります。    
B 連帯保証人に知られる
 連帯保証人に請求が回され、事情を知られることがあります。
 実際に自己破産をするうえで、最も困る影響が連帯保証人への影響です。    
C 職業制限      
 一般的なサラリーマンやパート・アルバイトでは問題はありませんが、一定の仕事の場合3ヶ月〜半年間ほど職業に就けなくなることがあります。
D 家族に知られる
  事案によっては、ご家族の協力なく進められない場合があります。その場合には、家族に知られずに手続きを行うことが難しくなります。
E その他
  気になることについては、ぜひ無料法律相談をご利用ください。

無料電話相談

3 自己破産ができるかどうかを知る方法

Q 自己破産ができるか、それとも避けるべきかを簡単に知る方法はありますか?  

A 自己破産がうまくいくかどうかは、ある程度詳しくお話を聞いてみなければわかりません。一度、当事務所では自己破産(その他借金問題解決)の無料法律相談を行っております。 なお、当事務所では、京都地裁のみならず、他の地裁についても判断することが可能です。

無料電話相談
 

4 自己破産に必要な費用(京都地裁を中心に)

Q 自己破産をしようとする場合、費用はどのくらい必要ですか?

A 費用については、こちらのページに詳しい情報を掲載しております。  


5 法テラスの民事法律扶助(法テラス京都での制度利用を中心に)

Q 法テラスを利用すると、自己破産の費用が安くなったり、立替てもらえると聞きました。これはどういった制度ですか?  

A 法テラスの民事法律扶助の制度のことですね。こちらのページに詳しい情報を掲載しております。


Q 
いろどり法律事務所では法テラスの民事法律扶助の制度を利用することができますか?  

A はい。当事務所では、自己破産について、法テラスの制度のご利用を推奨しております。


6 自己破産の手間(京都地裁を含め多くの裁判所で共通)

Q 自己破産の手続に手間はかかりますか?  

A 自己破産の手続は、債務(借金)を免責にしてもらうための手続ですが、この結果、債権者は多大な負担と迷惑をこうむることになります。
 そのため、裁判所の審査は厳しく、その審査を受けるために申立人(自己破産をしようとする人)が準備することも数多くあります。もちろん、弁護士が全面的にバックアップしますが、申立人の方が手間を惜しむと手続きはうまくいきません。    


Q 
委任することを決めてから、裁判所に自己破産の申立てをするまでにどの程度の期間がかかり、その間、何度くらいいろどり法律事務所に行かなければなりませんか?  

A 当事務所では、おおむね3か月程度で申し立てを行っており、最低でも、月に1度は事務所に起こしいただき、打ち合わせを行っております。


Q 
契約してから免責が決まるまでの手続の流れを教えてください。

A 詳しい流れについては、こちらのページをご覧ください。


6 その他のご質問

 自己破産の手続きに関してのご質問は、無料法律相談で受け付けております。ご不明な点があればなんなりとお問い合わせください。

無料電話相談

無料メール相談







バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区七観音637
インターワンプレイス烏丸6F

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331